治りにくい人、治りやすい人の共通点

臨床歴15年の経験から、「この人は時間がかかる」「この人はすぐ良くなる」というのが、だいたい分かってきました。

 

「治りやすい人」「治りにくい人」にも共通点があります。

 

「治りにくい人」の共通点

 

■自分の都合で通院する

■いつも痛い場所を探している、痛みの確認がやめられない

■治すことに対して人任せ

■ネガティブな発言が多い

■アドバイスを実行しない

■自分の考えを通そうとする

■良くなるか疑って通院している

■1.2回で結果を求める

■姿勢が悪い

■メンテナンスしない、痛いときだけくる

■人の話を聞かない

 

3つ以上当てはまる方は要注意です。

 

病気や痛みをつくっているのは基本的にはあなた自身です。

自分自身が変わらないと、いつまでたってもどこに行っても治りません。

仮に治ったと思っても再発の可能性大です。

 

「治りやすい人」の共通点

 

■通院ペースを守る

■良くなっていることに意識を向ける

■「治すのは自分」と理解している

■ポジティブ発言が多い

■アドバイスを素直に実行する

■伝えたことを素直に信じる

■必ず良くなると信じて通院している

■姿勢が良い

■メンテナンスの意識が高い

■人の話をしっかり聞く

 

どうでしたか?

もしあなたが治りにくい人なら、ぜひ治りやすい人の真似をして下さい。

 

病気や痛みをつくっているのは基本的にはあなた自身です。

自分自身が変わらないと、いつまでたってもどこに行っても治りません。

仮に治ったと思っても再発の可能性大です。

 

治りにくい人でも、気付くことによって「治りやすい人」に変わることが出来ます。

 

当院でも気がついたときには指導をします。それがキッカケで症状が良くなる方がとても多いです。

 

治りやすい人、治りにくい人の差は考え方がほとんどです。

 

ここで気付いたら、出来ることは改善しましょう。それだけでも症状に変化がでるかもしれません。