【今整体院は脊柱管狭窄症専門の整体院です】

腰が痛くて病院にいったら「脊柱管狭窄症」と言われた。

手術を勧められたが、手術したくない方が当院にもいらっしゃてますが、手術しなくても改善される方が多いです。

 

脊柱管狭窄症でお悩みの方は最後までお読み下さい。


脊柱管狭窄症の特徴

この病気で特徴的なのは、歩行と休息を繰り返す間歇性跛行(かんけつせいはこう)です。

脊柱管狭窄症では、腰痛は強くなく安静にしているときはほとんど症状はありませんが、背筋を伸ばして立って歩いたりすると、脚にしびれや痛みが出て歩きづらくなります。

しかし、少し前かがみになったり腰掛けたりすると症状は軽減します。


脊柱管狭窄症の原因

原因としては、脊柱管が何らかの原因(老化やヘルニア)で狭くなり神経を圧迫して起こります。

 

ヘルニアに比べると中高年に多く発症し、腰を反らすと脊柱管が狭くなり、前に屈むと脊柱管が広がるので間歇性跛行(かんけつせいはこう)がおきます。

 

症状によっては手術を勧められるケースもありますが、

当院では必要ないと考えています。

 

 

当院では独自の施術と生活習慣の改善で効率よく症状の改善を目指しています。


他の整体院、整骨院との違い

通常の整体院やマッサージ店

 

・痛い所ところのマッサージ

・電気療法や牽引療法

・塗り薬や湿布などの張り薬

・バキバキボキボキ系の矯正

 

など対処療法が多いです。その場で楽になっても、原因に対する施術が出来ていないのですぐ元に戻ってしまいます。

 

 

多くの場合、痛みの原因は痛む箇所以外にあります。

今整体院

 

・筋肉のバランス

・骨盤・骨格歪み

・呼吸、自律神経の乱れ

・血行・リンパの流れ

 

を整える根本的な改善を目指しています。その場の痛みだけを取ることが目的ではありません。症状の改善はもちろんですが、身体が良くなった後も「健康を維持できる体づくり」を目的としています。

 

その為にはあなた自身の努力も必要なため、施術終了後には「日常生活の改善点やアドバイス」等もお伝えしています。

 

また今整体院では、ぎっくり腰やむちうち症状のような重症ではない限り、安静にするのではなく可能な範囲で普段通り体を動かす指導をしています。その方が回復が良く、日常生活にも早く復帰できるからです。


ご予約・お問い合わせは今すぐお電話で!!

022-385-7218

 (携帯・スマホの方は、番号タップで直接電話できます!)「ホームページのキャンペーンを見た」とお電話下さい。

 

※「こんな症状見てもらえるの?」などのご質問・相談だけでも気軽にお問い合わせください。来院を強制することはありません。

 

※出張中などで電話に出られない場合があります。電話が転送されるようになっているので、そのままお電話下さい。つながらない場合は時間を空けてからおかけ直しいただくか、お問い合わせフォームよりご予約下さい。 

その他「腰痛・しびれを伴う」症状はコチラから