腱鞘炎を改善させたい方へ

手をよく使う仕事の方に多い腱鞘炎です。当院でも多くの方が来院されています。腱鞘炎が起きている手を使わないわけにはいかないし、常に痛みがあるのでどうしたらいいのかわかりませんよね。

 

つらい腱鞘炎でお困りの方は最後までご覧ください。

 

 

 

 


バランスが悪い状態で手をよく使うことで起こる

腱鞘炎は腕や指先をよく使う仕事の方に多く、指や手首を動かす腱の炎症です。親指の痛みはドケルバン病とも言います。

パソコン作業の方やピアニスト、ペンをよく使う職業(漫画家、作家)美容師の方に多くみられる症状です。

 

腱鞘炎は腕の筋肉の緊張が続くことで腱に炎症が起き、動かすたびに激痛が走ります。安静にしているとマシですが、また使うことで症状は悪化してしまいます。

 

関連症状に手根管症候群、胸郭出口症候群、ばね指などが挙げられます。

 

 

 

よく湿布を貼ったり痛い箇所を揉んだりする方もいますが、腱鞘炎は痛い箇所を強く揉んではいけません。また、湿布も血管を細めてしまうので逆効果になりこともあります。

痛い箇所には原因はあまりなく、そこから少し離れた個所に原因はあります。体全体のバランス調整が必要です。

 

当院では、独自の施術と生活指導で早期改善に導きます。

 

 

 

 


他の整体院、治療院との違い

 

今整体院は多くの方から口コミ紹介をいただき、仙台市内をはじめ名取市、多賀城市など市外からも多数来院されています。

 

そして、

 

「痛い所が原因ではないんですね」    

「こんな施術は初めてです」

「間違った対処法をしていました」

 

 

という声をいただきます。

 

 

痛みが改善しない方は例外なく、間違った対処法、治療、ケアをして症状を慢性化(悪化のケースもあります)させていることが多いです。

 

 

 

 

今整体院の施術はカイロプラクティック・KYT・ダイレクトストレッチなどのテクニックを応用した当院独自の検査と施術「脊柱(上部頸椎)」「筋肉(インナーマッスル)」「血流」を調整を行います。

 骨格を支える筋肉のバランス、不調の原因を作る上部頸椎のズレ、そして血流を改善することで辛い症状や痛みを改善する施術です。

 また「姿勢や生活習慣の改善も根本解決に必須なので指導していきます。

 

施術後は大半のケースで関節可動域が広がる(動かしやすくなる)、圧痛(押さえた個所の痛み)がなくなるなど、その場で明かな違いが実感できるのでよく驚かれます

 

バキバキボキボキした施術ではないので、安心して下さい。