ぎっくり腰を繰り返す人の特徴

こんにちは!

 

仙台駅東口(若林区)の「今整体院」です。

本日もブログへの訪問ありがとうございます。

 

今日はぎっくり腰を繰り返す人の特徴についてお伝えしていきます。

 

1.繰り返す人ってそもそも「ぎっくり腰」が治っていない人が多いです。

私自信経験がありますが、痛みがないから治ったって勘違いしている人がいます。ぎっくり腰は捻挫や肉離れに似ていると考えると分かりやすいです。

捻挫や肉離れで損傷した靭帯や筋肉が元に戻るまで、1ヶ月~3ヶ月スポーツ選手が復帰できるまで長いとそれ以かかる場合もざらです。

 

2.体が硬い人、疲れが溜まっている人:真新しいゴムって伸び縮みが自由自在ですよね。逆に古いゴムは伸びない縮まない、伸ばすと切れる。筋肉も一緒です。柔軟性のある筋肉は自由自在ですが、硬い筋肉は動きが悪いです。

 

3.姿勢が悪い:これは結果的に2番と同じです。姿勢が悪いと筋肉のバランスも崩れ血行も悪くなり結果、筋肉が硬くなりぎっくり腰のリスクは高くなります。

 

4.体のケアをしていない:ぎっくり腰は重いものを持ったらなるイメージが強いですが、実はちょっとした事がきっかけで簡単におきます。私の場合は「くしゃみ」と「コンビニで弁当を買おうと屈んで弁当を持った瞬間」です笑

日々の生活習慣の疲れが少しづつ溜まって、風船のように割れてしまいます。

そのならない為にもケア(ストレッチ・睡眠・入浴・食事・ストレス発散)は大切です。

 

いかがでしたか?

これはぎっくり腰に関係なく様々の症状でも同じことです。

 

辛い症状を繰り返していあなた

 

ぜひ、ご相談下さい。

 

では、また。